忍者ブログ
ハチロク田中によるゲーム製作にまつわる記録。毎日が苦戦ですたい(;ェ;)
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sample04s.jpg










6人分の立ち絵がとりあえずできました。
差分はまだ表情くらい(各3パターン)しかありませんが、ポーズバリエーションをちょっと視野に入れていたり。

原画から始めて表情の差分を含めた完成まで、だいたい1人1日かかる感じでした。
デザインはその時その時で考えています。

鎧を描く際に悩むのが「デザイン」と「立体感」です。
ちょっと鎧に関してあれこれ考えたことを書いてみます。

・デザイン
 「ファンタジーだから何でもあり」と考えるよりも、ファンタジーだからこそ国や風習の成り立ちを組み上げて構築できる余地があります。抗争の多い国なのか、気候はどうなのか、どういった過程でそれが作られたのか、製造はどのようにされているのか、何の資源で作られているか、その国においてどういう認識なのか。挙げるとキリがないですが次から次へと考えてしまいます。
 外敵を抱えている状況であればそれに特化した防具もあるでしょうし、仕様も様々になってきます。結局は鎧のデザイン一つ考えるのにも構築した世界観を再度見直して、本当に適しているかどうか頭を悩ませつつサンプルをあれこれ描いていました。
 そして機構です。胴の部分(ブレストアーマー)と肩(ショルダーアーマー)の繋がり、着脱――絵では表現しきれていない部分も多々ありますが、一応考えてはいます。

・立体感
 正直、こればっかりは慣れだなーと痛感しました。日頃から物(人物というよりも無機質なもの)を描くクセをつけておかないと……。これは鎧の機構にも関係してくるのですが、装備して自由に動けるか、重過ぎないか、不自然でないか、曲線が多くなると立体として強度は成立するのか、などなど。今回はかなり塗りでごまかした感があります(;ェ;)
 これから苦労するであろう項目です。主に肩かなーと、立ち絵の原画段階でかなり悪戦苦闘しました。参考資料として画像は向いてないと判断して、池袋の某店でfateのセイバーのフィギュアを何点か購入したりもしました。いやー戦う女性ってかっこいいですよね。あ、ミクちゃんも買いました。
 あくまでも資料として購入したので変な勘違いはしないでください。

鎧一つでこんな感じです。課題は山積みですが確実に前へ進めるように努力する次第であります。
今日からはシナリオと並行してBGMの製作に入ります。
(・ェ・)/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[09/11 ハチロク田中]
[09/09 lazyman]
プロフィール
HN:
ハチロク田中
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]