忍者ブログ
ハチロク田中によるゲーム製作にまつわる記録。毎日が苦戦ですたい(;ェ;)
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sample29s.jpg







適当にペンを走らせてたら妙に近代っぽくなってしまった……。
恒例の1点パース、線画を仕上げるのにすんごい時間かかりました。

「シンプルでいこう」と描き始めたのですが、あまりにもシンプルになりすぎたので一部遊び心を加えました。

今日は資料に関するお話。やや長めです……。

立ち絵に関してはちょこちょこ描いてた経験があるのである程度は、ホントにある程度はなんとかなるので、フィギュアをあちこちの視点から見て、「この角度だと腕があーだこーだ」、「フカンだと首の具合がなんたらかんたら」あれこれしながら描いてます。

さて、問題は背景や衣装なのですよ。

結論から言うと、資料らしい資料はほとんど使わないようにしてます。

背景に手を付けだしたあたりはイメージ的にこれだなと思っていた
・LineageⅡ(MMORPG、PC)
・Oblivion(洋ゲー、xbox360)

といった3DのファンタジーRPGを研究していました。
主に建物の描き方、遠近感、色彩、細部のディティール等……。
そしていざ素材用の背景を描こうとすると……。

「あれ、この部分どうやって描けばいいんだっけ?」
「ここの描き方分かんないなー」
と悩むことに。

何が言いたいかというと、僕のイメージより資料のイメージが先行しすぎてて、それを無意識のうちになぞろうとしてしまっていたのです。正直、これに一ヶ月以上悩まされました。
何を描いても、「違う、こんなんじゃない」、「こんなんじゃ使い物にならねーだろ」と、描いては消してを繰り返す日々。

限界だ、シロウトにゃ無理だと。

今考えてみれば、僕はいきなり完成品を一筆書きで描こうとしていたようなモンなのですよ。そら無理な話です。どこぞのボブさんみたいに「ね?簡単でしょ」というわけにはいかんもんです。

去年の冬のコミケの追い込みで、どうにも描かなければいけない状況になりました。

「もうどうにでもなれ」

僕がよく使う言葉です。
描けないんだったらどうすりゃ描けるようになるのか、……そらググればそれなりの答えは出てくるだろうと思います。追い詰められた僕は、

・背景を描くのに何が必要か

ということで俳優時代によく台本に書き込んでいた、舞台図を思い出しました。
(出ハケのラインや舞台道具の配置を上からの視点で描いたもの)

ここにこういものがあって、ここに木が生えてて、ここに建物があって……、その背景を描くのに必要なものを図面でざっと描いてみる。道はもうちょっと広いほうがいいかな、建物と建物の距離が空きすぎかなと微調整したり。
そうした図面を元に立体に起こしてみる、□とか○ですが。それに合わせて遠景をつけて、オブジェクトをちょっとずつ細かく描いていく……。
演劇でいう舞台図のエレベーションみたいなもんです。
(エレベーション 舞台 で画像検索するとそれっぽいのが出てきます)


今日までかなりの枚数を仕上げてきましたが、出来栄えでいうと確かに未熟であることは僕自身がよく分かります。色彩と全体的なバランスで大分補ってる感じです。

資料に頼っちゃうと変な方向に行っちゃう自分がいる、これが資料を使わない理由です。
そしてもう一つ理由があって。

「僕のイメージしている世界は、やはり僕の手とイメージで作らなければならない」、これは神経質すぎるだろとは思うのですが、創作とは悩むもんだと。悩み抜いて出てくるものが作品になるんだろと。慣れないことに手を出して、あれやこれやで苦労する。試行錯誤で形にして、納得がいかなければリテイクする。

漫画、頭文字D(作:しげの秀一)のあるセリフを思い出します。
「ドラテクってのは誰かに教えてもらうもんじゃねぇ、自分で見つけるもんだ。」

僕でいう背景の描き方もそうですが、作曲やスクリプトも同様です。
道は自分で見つけた方が、そこから派生する手数も増やしやすいのかなぁと。
更にいくと独自性にも繋がるかなと。

何か4行くらいで終わりそうな話がえらく長くなってしまいましたが、まぁフーン程度に思ってください。
僕自身、簡単にさらっと描きてーなーとか色塗るのめんどくせーなーとか思ってますからww

そろそろ、いやおそらく背景も一段落すると……思いますので、近々作曲まわりに触れてみようかなと考えております。

(・ェ・)/

(作業用ビデオ:ガキの使い 松本人志罰ゲーム廃旅館一泊二日の旅)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[09/11 ハチロク田中]
[09/09 lazyman]
プロフィール
HN:
ハチロク田中
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]