忍者ブログ
ハチロク田中によるゲーム製作にまつわる記録。毎日が苦戦ですたい(;ェ;)
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

と言っても、『現段階では』です。
今は俗に言うイベントCGを描いてます。
……僕の場合、特定のシーン専用の背景みたいなもんですが。
差分含めて7枚をリサイズして決定素材としていつでも使えるようにしました。
ネタバレになるので掲載は控えます。
こんげ……来月、来月中には公開できると思いますので!

本日は制作を始めてからプレイした『ノベルゲーム』のお話。

 
簡潔に言うと、商業さんのはやってません。
機会もなければ時間もなかったもので……。

WEBで公開されている姉弟さんのをニ本、同人サークルさんのを一本プレイさせていただいたので、さらっと紹介してみます。


・妖怪博士と食人探偵(ノベル、女性向け)
・シュナイダー(AVG、一般向け)

WEB お茶の間(愚)姉弟
しとくぎお氏(姉)、しとくちる氏(弟)、ご姉弟さんの二人で製作しておられます。相互リンクのメールを頂いたのがきっかけで、この二本をプレイ。WEB上で公開されてます。

妖怪博士と食人探偵はPC98時代のleafを思い出させるような懐かしき感覚が、シュナイダーは現代の学園を舞台としながらも不思議な感覚が味わえます。
また、一部にフリーの素材を使っておられるのですが、これが全く違和感なくパッケージングされていることに驚きました。テキストの運びも感心しましたが、妖怪博士におけるスクリプトの細やかであり大胆でもある表現は大変勉強になりました。


・忘られたSpur ~thanatos in nostalgia~
                (フィーラービジュアルノベル)

WEB Almaz
2010年の冬のコミケ、C79でお隣でお世話していただいたサークルさんです。WEBを見ていただけると分かると思うのですが、商業さんみたいなことになってます。ブースに戯画のスタッフさんが来たりと、すごい人たちなんだなぁと……。製作には声優さんを含め、かなりの大人数でかかっています。WEBで公開されています。

ソフトのパッケージ、そして作品自体のトータルパッケージングは商業さんのものと遜色ないです。あれ?僕の知ってる同人サークルと何か違うぞと困惑もしましたw
プレイ時間が長いかなーとも思いますが、長期的にプレイする分にはいいですね。

商業ベースに近い展開をされているAlmazさんということで、僕とは制作のベクトルが大分違うなと思いました。ゆえに『作り手の視点』から見るといろいろ考えさせられる部分が多かったですね。

少々失礼なことを書いてしまうかもしれませんが、一創作人としての見方ということでご容赦ください。

まずスタッフの多さからくる、管理体制の問題。いや大変だろうなぁ……、と。一人でやってる僕は、正に「猫の手も借りたい」と常々思っているのですが、線一本、テキスト一文字にすら意味を込めたいと思ってしまう性分なもので、「お、手伝おうか?」と言われても断って……しまうかもしれません。
まぁ慣れてる、その役職を専門とされている方々が集まると違うもんなんですかね。

そしてスタッフの多さからくる、トータルバランスの問題。グラフィック描写に関して、キャタクターグラフィッカーが5人、背景が7人、そして仕上げのクリンナップが5人(複数役職を担当されている方もおられます)。一枚一枚を見ると非常に精巧なのですが、ありゃ?質感が変わった?という違和感を覚える箇所がちょこちょこ。こんなの気にするの僕くらいじゃないかな……。

一番強く感じたことは、素直に作りすぎてるかなというポイントでしょうか?表面だけが全てになってしまっている、なんと言いますか、楽しいときは笑う、悲しいときは泣く、ギャグシーンではおちゃらける、これらが当たり前になっていて人間に奥行きが見えてこないというか……。声優さんの芝居にしてもそうで、やはり素直すぎるというか……。全部の要素に色を、解釈を付けちゃってる感があるので、ある程度は抜くとこがあってもいいのかなーと、プレイヤーに「ここはお前ら勝手に想像しろ」と投げつけちゃってもいいと思いました。

改めてお話できる場があればなと、願っております。



統括して同人作の面白さはどこにあるのだろうと考えると、やはり人間が個々に持つ感覚、世界観が独自の手法によって導かれ展開される要素にあると思います。同人発で一般にまで広く展開した作品の本質もそこにあると。ひぐらしのなく頃に、fate/stay nightのTYPE-MOON、東方シリーズなどなど。
同人だからこそやれる、というものはいくらでもあると思います。商業さんだと企画段階で蹴られるものとかww「それ売れるの?」って。そういうものを頭の中をこねくり回しつつ形にして発表出来る場、それこそが同人だと、僕は、思います。

そこから羽ばたきゃいいんじゃないスかね、僕らは。……うん、がんばるぞっと。

(`・ェ・)/

(書き上げるのに4時間かかりました……)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/11 ハチロク田中]
[09/09 lazyman]
プロフィール
HN:
ハチロク田中
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]