忍者ブログ
ハチロク田中によるゲーム製作にまつわる記録。毎日が苦戦ですたい(;ェ;)
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sample55s.jpg









文庫を一冊買いました。

著・川原礫『ソードアート・オンライン プログレッシブ 001』
(電撃文庫、2012年10月10日初版)


現在放映中である同タイトルのアニメも折り返しを迎え、今回の新刊は作中の舞台となったソードアート・オンラインというゲーム中の出来事を最初の方から書いていったというものです。
・・・そうであれば良かったのですが、これまでに刊行された短編と同じく、原作者さんがwebで掲載していた小説を再編集して収録したもののようです。

とりあえずは本の感触を。
内容には触れていません。
少々長めです。


≪注≫
あくまでも一読者としての見方であり、真理でも何でもありません。
川原礫著の本は今回挙げているものと『アインクラッド』のみ読んでいます。


『ソードアート・オンライン プログレッシブ 001』は基本的に主人公の一人称で展開しますが、たまに三人称でも書かれています。
一人称では描写出来ないシーンを三人称で書く、つまり主人公の目に入らない部分をそれで補うわけです。
それほど珍しい構成ではなく、商業から同人ノベルに至るまで広く見られます。

ここで少々僕なりのフィクションの見方を書いてみます。

僕は物語を読む時、意識を深くその中に落とし込むようにしています。
俯瞰で物語を読むよりはフィクションにどっぷり浸かった方が楽しめるからです。
これは戯曲でも小説でも、漫画やアニメも同じです。
自然と作中に引き込まれるものもあれば、自分で探りながらピントを合わせるものもあります。
自分に合わないからといって手にした創作物を投げてしまうのは勿体無いかなと。

しかしこれは悪い意味ではないのですがそこそこ疲れを伴います。
エネルギーを消費するとでも言いますか、フィクション上から伝わってくる情報から絵を想像したり、余計なことを考えないように自制したりと集中力を要します。
意図を探ったり、考察や分析をするのは『基本的に』見終わった後です。


さて今回手にした文庫、集中力が中々維持出来ず困ったことになっています。

アニメを二話まで見て、第一巻である『アインクラッド編』を読みました。
ここに書いたような感触でした。
主人公は基本的に受身で、一人称の字の文章も解説的で勢いに欠け、かなりドライな奴だとさえ思わせます。
しかしピントの合わせ方が感覚的に理解出来たので一気に読むことが出来ました。

そして『プログレッシブ』。
集中出来ない原因は『三人称パート』の地の文章にありました。
主人公である中学生男子の一人称、そして作家目線の三人称の地の文章の視点や性質・理解度・人間としての成熟度、人称が変われどこれらが同じなのです。
一人称だとそれほど違和感を覚えなかったのですが、三人称になると如実に表れるのが『作家からの解説』という要素です。
物語を読んでいるはずが、気がつけばあれやこれやと説明されているだけという。
これにピントを合わせるのが難しい・・・というよりも、ピントを合わせることに対してある種の拒絶反応すらあるのではないかと思えます。
お話を読んでフィクションを楽しみたいのに、解説を受けて物語を『理解』させられているだけではないのかなと。
延々と説明書を読むに近い行為はつらいものがあります。

こういった気持ちを何とか押し殺して続きを読もうと努力はしてみるのですが、すぐに集中力がプツーンと切れてしまいます。
パラパラとページを繰ると所々に≪キバオウさん≫の名前があり、非常に読みたいのです。
しかしピントの合わない部分をスルーして先に進むというのも気が引けます。

三人称パートは主にヒロインであるアスナを書いているので、これがヒロインの一人称であればまた違っていたかもしれません。
地の文章を女性の感覚で書くということが前提になりますが・・・。

うーん、困ったものです。
(・ェ・`)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/11 ハチロク田中]
[09/09 lazyman]
プロフィール
HN:
ハチロク田中
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]