忍者ブログ
ハチロク田中によるゲーム製作にまつわる記録。毎日が苦戦ですたい(;ェ;)
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


sample50s.jpg







たまにはCDの紹介でも。
音楽はテキストを書いたりお絵描きしているときにしか聴かないもので、どうしてもアルバム形式がメインになりがちです。
シングルをまとめたプレイリストだとアーティストや曲の色がまとまっておらず集中できないもので・・・。

一部ですが左上段から画像の詳細を。

・EVE オリジナルサウンドトラック
2003年の末に発売、1995年にC'z wareから発売したPC-98用ゲーム「EVE burst error」のリメイク版のサントラ。主にテキストを書いたり構成を練ったりしているときに聴いております。原作の作曲をされた故・梅本竜氏の手掛けたBGMは僕の音を作る原点にもなっている気もします。

・機動新世紀ガンダムX サウンドトラックSIDE.1~3
1996年にテレビ朝日系列で放送されたアニメーション「機動新世紀ガンダムX」のサントラ。当時、三枚とも発売と同時に無理して購入しました。作中で描かれている戦後の雰囲気や未来へ向かう躍動感が強く出ています。少し前にレンタルでアニメ本編を久々に視聴、戦後15年を舞台に展開するストーリーで戦前と戦後を大人と少年を交えて丁寧に描かれているように思えます。近年のアニメは作中の大人が蔑ろにされがちですが、戦後を語る上で大人の存在は欠かせるものではなく、そこを注視した方向性は好感が持てます。中盤に登場するカトック・アルザミールの存在が強く印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

・Steins;Gate オリジナルサウンドトラック
2009年に5pb.より発売されたxbox360用「Steins;Gate(シュタインズゲート)」のサントラ。ミステリアスな曲調のものが多く、未知の科学を幅広く感じさせるものも多い印象。購入のきっかけはゲーム上のタイトル画面で流れる「GATE OF STEINER」という曲があまりにも素晴らしかったため。Disc3に収録されているラジオトークは勿体無くてまだ聴いておりません。

・Chaos Attractor
2010年に5pb.より発売された、いとうかなこ氏のアルバム。収録されている曲のほとんどがゲームで使用されたもので、知っている曲は少なかったもののどれも印象に残る一枚。同梱のDVDには実際に使用されたゲームのOPが映像として収録されています。これを聴きながらテキストは書けません。主に色塗りしてるときに聴いています。Steins;Gateのサントラと同時期に購入し、手元にあるCDの中では一番新しいものです。

・feel well
2002年発売の声優・林原めぐみ氏のアルバム。中学生の頃にレンタルで見たTVアニメ「スレイヤーズ」で林原めぐみ氏が演じたヒロイン?、リナ=インバースを見て以来すっかり虜になりました。それからアニメ誌で彼女がパーソナリティを務めるラジオ番組の存在を知り毎週欠かさず聴くほどに。収録されている「Tokyo Boogie Night」という曲はそのラジオ番組のOPで使用されていた曲。他にもシャーマンキングやラブひなスレイヤーズtryといったアニメで使用されていた曲も収録。
しかし何と言っても外せないのが『シンシア・愛する人 Dear つばめversion』。この曲は1998年にTBS系列で放送されたアニメーション「アキハバラ電脳組」で使用された挿入歌で、原曲は岡崎律子氏(故)が作詞・作曲・歌を務めたもの。同アニメの20話のエンディングとしてこの曲が使用されており、涙を流した人も多いのではなかろうか。
この20話では林原氏の演じる大鳥居つばめ、島涼香氏の演じる花小金井ひばりを中心として展開しており、家族、母親というものが描かれています。
このアルバムに収録されているversionは林原氏が「自分が演じたキャラクターに贈る」という珍しいコンセプトで、母性であったり友人としてであったり、故・岡崎律子氏であったりと様々なものが感じられるカバー曲です。この曲のイントロが流れてきたら作業の手を止め、ただただしんみりとやさしい気持ちで聴いてしまいます。



他にもよく聴くCDはたくさんあるのですが、またの機会に。発売時期や放送局のみ検索して調べて書いたもので、細部はちょっと違う部分があるかもしれません。

僕がCDを買うときには必ず「何らかの影響」というものがあります。アニメを見てサントラを買う、ゲームをやってサントラを買う、好きな声優さんのやつだから買う、のような。
だから家にはあまり邦楽がないんだろうなと。

ミュージシャンというものに興味を持っていたのが高校生くらいまでで、その頃はミスチルやGLAY、イエモンのCDなんか買ってました。ミスチルのアルバム「深海」や「BOLERO」なんかは今でも聴きます。
しかしミュージシャンに目を向けなくなると、昔買ったCDは聴くものの新譜には手を出さないという感じになりました。テレビやラジオで新しい曲を聴いても胸に響いてこないとでも言いますか・・・。

新しいものを受け入れる感覚というものが鈍ってきているのか、それとも僕の胸を打つようなものが生まれてきていないだけなのか・・・。

長くなるのもあれなので今回はこの辺で。
(・ェ・)/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/11 ハチロク田中]
[09/09 lazyman]
プロフィール
HN:
ハチロク田中
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]